に沈む太陽と出会う

狂気に近いなら は何処へ続くの?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★いつも拍手ありがとうございます
とっても励みになってます★
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
ちょこちょこ残しつつ、わりと順調に荷造りが進んでいます。
あとは…和箪笥の中身だなぁ、やっぱり;;

会社で隣のグループに居るSさん。
引っ越したら、アイロンをゆずってもらう予定なのですが、彼女が朝から悶々と悩んでいて。
「来月、友達の結婚式があるんですけど、ドレスが高くて…」
確かに…。

ビジネススーツで誤魔化せる男性と違って、女性のドレスは、お金がかかる。。。
披露宴で正装となると、やっぱりちゃんとしたドレスでないと。。。
ピンキリだけど、安くても1万くらいはするし(それ以下はちょっと質が)。
他に、ショールやコサージュ、専用の下着?!…などなど、言いだしたらキリがない。

そういえば私のタンスにも、一度しか着ないまま仕舞い込まれたドレスがあったっけ。
そんなに背格好も違わないし(年齢も違わないし)、かしましょーか?

と、いうことで。
和箪笥の中で少々タンスくさくなっていたショールと鞄と一緒に、貸すことになりました。
引越の邪魔だから(ぁ)さっさと持っていって、向こうで干しておいてもらいましょう…。
(ショールとかは特に、畳みじわが;;)

困ったときはお互い様、ってやつですよね。
しかも私は貸すことで何か困るわけでなし、Sさんの負担は軽くなり。
アイロンをいただく大義名分(?)もできて、私もありがたい(笑)。

早速、明日会社に持っていこーっと。
スポンサーサイト
★いつも拍手ありがとうございます
とっても励みになってます★












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://milly88.blog.fc2.com/tb.php/7-b86da125

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。