に沈む太陽と出会う

狂気に近いなら は何処へ続くの?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★いつも拍手ありがとうございます
とっても励みになってます★
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
残酷な言葉よね。
私たち運命の相手じゃないみたい。

そんな理由でふられて、黙っちゃう方もおかしいと思うよ?
……と、思って突っ込んでみたものの。
結局、友人M.Lも運命という言葉に縛られているようなのでした。

まったく、異文化圏のクリスチャンが考えることは、どうも共感しづらい。。。



しかし…運命、ねぇ。。。
それを運命かどうか決めるのは、自分自身じゃないの?

そもそも、運命じゃなかったら別れなきゃ行けないなんて、おかしくない?
運命じゃなきゃ付き合っちゃいけないのか?!
……いやぃゃ、そんなはずは(と思いたい)。

というかM.L、この英語なんかオカシイよ?
We aren't lovers of the destiny.
とか、どうでしょう? もしくは~
We've had a fateful encounter.
うーん、日本語の「運命の出会い」「運命の相手」的なニュアンスって難しいわ。
スポンサーサイト
★いつも拍手ありがとうございます
とっても励みになってます★












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://milly88.blog.fc2.com/tb.php/12-798899ba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。