に沈む太陽と出会う

狂気に近いなら は何処へ続くの?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★いつも拍手ありがとうございます
とっても励みになってます★
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
そんなわけで、ACの結果、続きです。
こうやって纏めてみると改めて思いますが、けっこう長いですね…(^^;





今回も、見やすいように色分けしてあります。
  ACさん: ACさんの言葉です
  「」: ACさんが伝えてくれた私の言葉です
  (): ふわ君の言葉中にある()はACさんの補足です
  ふわ君: ふわ君の言葉です
  ※: 私が編集時に付け足したコメントです



ACさん:ふわさん、みのりさんから何かして欲しい事、逆に、どうしてもして欲しくない事はありますか?
※質問2 つめです。率直に、ふわ君が私にしてほしいこと、してほしくないことについて。
というか、よく粗相をするのは何か理由があるのでは? 何か嫌なことがあるからでは? と考えたのです。


ふわ君:いきなり言われると、思いつかないなぁ…。

ACさん:では、ちょっと質問を変えましょう。

ふわ君:うん。

ACさん:ふわさん、トイレではない場所でおしっこをすることがあるそうですね。

ふわ君:(苦笑)あるね。

ACさん:でも、きちんとトイレですることもある。

ふわ君:うん、そうだね。

ACさん:どんな時にトイレでして、どんな時にトイレではない場所でおしっこをするのか、理由があったら教えてください。

ふわ君:わはは、やっぱりそこを突かれたか。(笑)

ふわ君:けっこうキツイ話になるけど、いいかな?
※キツイと言われて身構えてしまいましたが、意外とそんなにきつくなかったです(笑)。

ACさん:もちろん、みのりさんからもそのように承っています。

ふわ君:わかった。

ふわ君:ん~、まず、単純に、みのりの気を引きたい時に(トイレ以外の場所で)することがある。
それと、みのりが自分で自分を責めたり、自分で自分をいじめるような、自虐的な事があると思いっきり漏らす。
みのりは自分で自分を困らせているんだよ、ということを教える為に、ボクがみのりを困らせている、と言えばわかりやすいかな?

※気を引きたいときに、と言われて、思わずにやけてしまいました(笑)。
私が自虐的なことをしている、というのはおそらく、ストレスを抱え込んでイライラして自分に八つ当たり(自己嫌悪)してる時のことを言っているのだと思います。
前の日記でちょっと書きましたが…私に余裕がないとき、ふわ君の粗相率が高いのは、ふわ君なりの思いやりでは? と考えていました。
それはあながち間違っていなかったようです。


ACさん:深い理由だったのですね。

ふわ君:うん。

ふわ君:(牧草入れにする事を質問しようとしたら)単に気分で気持ち良くなって、草の上にしてしまうこともあるよ。(牧草入れにするのは、そこですることが気持ちよく、気分が良いからという意味、ニュアンス)

ACさん:草の上でするオシッコって、とても気持ち良いそうですね。
我が家の長男がよく言っていました。


ふわ君:男はみんなそうかも。(笑) 女の子の事情はよくわからないけどね。

ACさん:なるほど。

ACさん:オシッコのことに限らず、みのりさんにお伝えになりたい事、ありますか?

ふわ君:そうだね、みのりは自分を小さく見過ぎているという事。
君はとても大切な存在だし、自分を低く見過ぎているその癖を止めて欲しいという事。
少なくとも、誰から見ても君はとても大切な人だし、温かく、魅力的であるという事を知っていて欲しいよ。
いつも他人に気を使って、自分に無理をかけてしまっていたり、自分を小さく評価して、自分を責めてしまったり、自分を苦しめてしまっていることに気がついて欲しいと、それを強く思っているし、君のそういう癖が少しでもなくなって、君が楽になってくれることを願っているよ。

※はい、読んだとき泣きました。
あぁ、こんなにも自分を思ってくれている存在が、居てくれるなんて。
なんて幸せなんだろう、なんてありがたいんだろう、なんて恵まれているんだろう。
ふわ君が居てくれることが、どれだけ、かけがえのないことなのか…改めて気づかされました。

私は元来超ポジティブで楽観的な人間ですが、今年の6月頃から調子を崩していました。
ACを受けたときは回復していたつもりなんですが…。
ずっと側に居てくれたふわ君は、ちゃんと私のことを見ていてくれたんだな、と…それが嬉しくて…涙が全然止まらず。。。


ACさん:ありがとうございます。





ここで一度区切ります。
質問が4つあるので、質問ごとにわけようと思います。

ちなみに、いただいた結果は、何回も何回も読み直しました。
受け取ったときに3回くらい、それから1週間は毎日1回は読んでましたね(^^;
読めば読むほど、というか、読み直す度に何かしら発見があったりして。
読み返せる、っていうのも、私がメールでACを頼んだ理由の1つでした。

私は酷いと本当に三歩あるいたら忘れちゃうような鳥頭。
対面や電話で話してくれたACさんの内容を、覚えておける自信がありませんでした。
その点、結果をまとめて送ってくれるのは、本当にありがたいです。

ACをお願いするときに使った写真

この写真は、ACを依頼するときに使った写真の1つです。
うさんぽ時の写真です。
うさんぽについてどう思っているかも、ACで聞きました。
それはまた次に。。。
スポンサーサイト
★いつも拍手ありがとうございます
とっても励みになってます★
ようやく重たい腰を上げて(^^;
アニマルコミュニケーション(AC)の結果をまとめ始めました。

ちょっと長くなるので、いくつかに別けて書きたいと思います。
ACはとかく「信じる」「信じない」とか「ありえない」「あるかも」みたいな括りで語られがちですが、それを言い出すとキリがないので、ここではあえて触れません。
なので「動物と話すなんて出来るわけ無い」とかその手のご意見は受け付けませんのでご了承下さい。
また、スピリチュアルな内容も含むので、苦手でない方はどうぞ。





見やすいように色分けしてみました。
  ACさん: ACさんの言葉です
  「」: ACさんが伝えてくれた私の言葉です
  (): ふわ君の言葉中にある()はACさんの補足です
  ふわ君: ふわ君の言葉です
  ※: 私が編集時に付け足したコメントです



ACさん:こんにちは

ふわ君:はじめまして。ふーです。(ご自身のことを、ふーと表現されています。)

ACさん:こんにちは。みのりさんからご依頼を受けて、本日、ふわさんとお話をさせていただくるり子と申します。
いくつかご質問をさせていただきますが、よろしいですか?


ふわ君:もちろん、大歓迎です。

ACさん:ありがとうございます。
今年の夏も暑かったですが、ふわさんはお体の調子などいかがでしたか?


ふわ君:別に、変わったことはなかったと思うよ。
※本当にいつも通り変わりなく…普通に(元気に)過ごしてました。
ありがたいことです。


ACさん:それは良かったです。

ACさん:みのりさんから、御伝言を頂いておりましたので、お伝えいたしますね。

ふわ君:うん。

ACさん:もし、ご返答があったら途中でもお答えくださいね。

ふわ君:わかった。

「これは日々私がふわ君に言っていることでもあるのですが…。
私はふわ君が大好きで、一緒に居られて幸せです。
ふわ君が私の側に居てくれて、感謝の気持ちで一杯です。
5年後も10年後も…可能な限り長く、一緒に居て欲しいと願っています。」

※私がメールで送った内容、ほぼそのままを伝えてくれています。

ふわ君:ありがとう。そうだね、出来るだけ長くこの家で一緒に暮らしていたいよね。

「形としては「私がふわ君を飼っている」のですが、多分違うのです。
私が、ふわ君の側に居させて貰ってる、のだと思います。
ふわ君はきっと、お世話するのが私以外の誰かでも生きていけると思うのですが、
私はふわ君が居ないと生きていけないと思うので。。。」

※こちらも同様です、というか私的には上記の続きです。

ふわ君:人間たちから見たら、「ボクらを飼っている」なんだよね。
きっと、そういう表現しかないんだろうし、そうやって教わって来ているんだろうし。

ACさん:そうですね。

ふわ君:でもね、みのりちゃん、(親しみを込めて、あえて‘ちゃん’を付けて呼ぶという感覚)
ボクは君と「良いパートナーシップ」を組んでいると思っているよ。
ボクがこの体に居る間、君とボクの関係は「パートナー」。
どちらが上でも下でもないと思っているんだ。

※「対等なパートナーでありたい」という考えは
私がよく付き合う相手(特に恋人に対して)求めるものです。
なので、ふわ君の言葉を聞いて、心にぐっとくるものがありました。。。


ACさん:素晴らしい考えですね。

ふわ君:イロイロな考えがあると思うけど、ボクはそう思っているよ。

「私がふわ君にもらっている幸せの、半分…1/3でも、ふわ君に返せているのか?
とても不安になることがあります。ふわ君に幸せを感じて欲しい…
もっと幸せになって欲しい(今が不幸だと思ってる、というわけではないのですが、
私は幸せって増え続けるものだと考えているので「もっと」なんです)。
だからそのために、私が何をしてあげられるのか…何をお返しできるのか…
ちゃんとふわ君の声を知りたいと思います。」

※同上。振り返ってみると私、伝えたい言葉が長すぎます(^^;

ふわ君:みのりちゃん、(ここでも同様に、あえて‘ちゃん’を付けて呼ぶという感覚がありました。)
ボクは、幸せを返してもらっている、という考えがないんだ。
どちらかというと、一緒に居て幸せ、という考え。
君はいつもボクのことをとても強く思ってくれているし、ボクの幸せを願ってくれているよね。
それはとてもよくわかるし、きちんと伝わっているよ。
でも、さっきも言ったように、ボクは君と対等でありたいと思っている。
ボクは、君にそれを知っていて欲しいと思うんだ。

※なるほどなぁ、と思いました。
私の考え方・価値観とは違う「幸せ」や「日常」のとらえ方ですが…。
ふわ君がそう考えていると言われて、すとんと納得してしまったのでした。
なんていうか、らしいな、って思って。


ACさん:ありがとうございます。
ふわさんは、みのりさんのことをどんな風に思っていらっしゃいますか?
ご自宅でのことなど、今のお部屋のことなど、みのりさんのところに来て、どのように感じているかを教えてください。

※質問1つめ。私の所に来て、どう感じているかを聞きたかったのです。
私の質問はだいぶ直球でしたが、カウンセリング(?)を通じてACさんが上手くかみ砕いて伝えて&質問してくれています。


ふわ君:あぁ~、うさぎって、すごく大切に扱ってもらえるんだなって。(笑)

ACさん:…と言いますと?

ふわ君:みのりはとても几帳面な所があってね、ちょっとしたことでもすぐ気がついてくれるし、いつもボクのことを気にかけてくれているから。

ACさん:ふわさんは、以前、他の動物だったことがおありなのかしら?

ふわ君:あるよ。(でも、過去のことはあまり思い出したくない、という感覚を受け取りました。)

ACさん:なるほど、だから比較が出来るのですね。

ふわ君:そうそう。ホント、今回、うさぎになってよかったと思っているよ。(笑)

ACさん:それはよかった。

ACさん:みのりさんから、こんなご質問も頂いていたのですが…

「牧草を食べているときや、毛繕い中に「ぶふっ、ぶふっ」と言うのは、
何か嫌なことがあったのか、それとも牧草の粉や毛が鼻に入ったのか…
気になります。。。苦しいのではないと良いのですが。」


ふわ君:あぁ、ボクの口癖だね。
気分が良い時に言っているんだよ。
苦しいのではないから大丈夫。心配しないで。
※これを聞いて、ちょっと安心。
というか、今度からふわ君の機嫌バロメータにしよう、と思ったのでした(笑)。


「部屋んぽスペース(サークルの中)に私が入ると、時々スプレーされるのですが
やはり入って欲しくないのでしょうか…(部屋んぽタイムを邪魔されたくない?)。」


ふわ君:そっとしておいて欲しい時や入って来て欲しくない時に入ってこられた時の意思表示。
自由にしておいてね、という意味があってのことだよ。
※あぁ…やはり(笑)。

「毎日部屋んぽの前に、目にゴミが入ってないか(何故かよく入ってしまうので…)と
お尻が汚れてないかをチェックするのですが、じたばたされるのはやっぱり
抱っこが嫌だからなのでしょうか。」


ふわ君:抱きかかえられるのはやっぱりニガテだね。
それと、自分でできるから良いよ~!!ってジタバタしてるのもある。
まぁ、ボクが自分でできるから良いって言っても、みのりはやるんでしょう?(笑)
※ふわ君、良く分かってます(笑)。
そう、ふわ君が何といおうと、私が日々の健康チェックをやめることはありませんとも。


「サークルの外(私)と中(ふわ君)で追い駆けっこ(?)のようなことをするのですが、
それは楽しんでいるように見えます。」


ふわ君:そりゃ、遊びや美味しいものを食べる時間は楽しいさ!
それに、みのりは遊びの時間、イヤな出来事や悩みを全部忘れてとてもクリア(なエネルギー)になっているから、ボクもとても気分が良くなるんだよ。
※結果を読んで最初にびっくりしたのがここでした。
思っても見なかった視点からの答えで…。
もしこれが電話や体面でのセッションであれば、きっと頭が真っ白になって答えに詰まり、
しばらく先に進まなかったのではないかと思います。


ACさん:ありがとうございます。
そうですね、一緒に居る方が心から楽しんでくださっているのは、本当に嬉しいものですね。


ふわ君:そうだよね~。人間って、なかなかそういうところ忘れているみたいだけど。

ACさん:私も忘れがちな事です。。。思い出させて下さってありがとうございます。

ふわ君:どういたしまして。(笑)





長くなったのでここで切ります。
次は質問2つめです。

最期の方に書いていますが「頭の中が真っ白になって次の言葉が出てこない」という状態が、セッションを受ける上で私が一番恐れていたものでした。
なので、セッションはメールでお願いしました。
流れとしては、申し込み→質問内容をACさんと一緒にまとめる→その質問を元にセッションして貰う→結果をメールで貰う→必要に応じてフォローセッション、という感じでした。
(この流れは申し込むACさんによって違うと思いますが、私が頼んだ方は、こういう流れで対応してくださいました)

結果を受け取って、メールでお願いして良かった、と本当に思いました。
この後、読み進める途中でボロボロ泣いてしまって。。。
対面や電話だと、とても冷静でいられなかったと思います。
私はACを、ふわ君とのことを見つめ直す機会として考えていました。
なので落ち着いて考え、しっかりと自分と向き合って言葉を選びたかったのです。
特にいつも「言って後悔する」という失敗をよくやらかすので(^^;
結論としては、慎重になってよかったと、メールセッションを選んだ自分の選択は間違ってなかったと思います。



ぁ。
というか、写真が無くてすみません(^^;
★いつも拍手ありがとうございます
とっても励みになってます★
色々な意味で、ただいま、です。

日本へただいま。
家へただいま。
ふわ君の元へただいま。
ふわ君もお泊まり先から家へただいま。

そして、ブログへもただいま(?)です。
色々書きたいことがたまっているのですが…。
今はちょっと疲れているので、また今度。
★いつも拍手ありがとうございます
とっても励みになってます★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。