に沈む太陽と出会う

狂気に近いなら は何処へ続くの?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★いつも拍手ありがとうございます
とっても励みになってます★
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
ふわ君、誕生日おめでとうー!

20120522夜:きよみオレンジのケーキ.jpg

と、一人でお祝い。
いいのです、自己満足で。
ふわ君の誕生日祝いですが、自分のために自分で祝ってるのですから。



こちらが、ふわ君用のみかん。

20120522:ふわ君用きよみオレンジ

クリームは綺麗に洗ってあります。



果汁をまき散らしながら…

20120522:むぐむぐ
20120522:もぎゅもぎゅ

食べてくれました。

いいの、果汁くらい。いくらでも拭くからね。
美味しく食べてくれれば、喜んでくれれば、それでいいのさ。

むしろ、居てくれるだけで、それだけでいいから。
ついつい、もっと撫でたい、もっと抱っこしたい、と欲張っちゃうけど…。
本当は、根の部分の一番大事なところは、単純明快。

「一緒にいてくれてありがとう」

ただ、それだけです。
1つ付け加えられるなら、「元気で一緒にいてくれてありがとう」かな。
変なの、ふわ君の誕生日祝いのはずなのに。

多分、誕生日っていうのは、建前ときっかけでしかないのです。
私は「ふわ君が私に愛想を尽かさないで1歳まで一緒に居てくれたこと」を祝いたいだけなのかも。
なんて自分勝手。
ふわ君、こんな私と一緒に居てくれて、本当にありがとう。





おまけ。

20120522:最初は食べませんでした…

実は最初、食べてくれませんでした(^^;
お皿を口元にしつこく持っていってもダメ…。
果肉を割って手で口元まで持っていったら、食べてくれました。
この、甘えん坊さんめ。
スポンサーサイト
★いつも拍手ありがとうございます
とっても励みになってます★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。