に沈む太陽と出会う

狂気に近いなら は何処へ続くの?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★いつも拍手ありがとうございます
とっても励みになってます★
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
ペットのためのオートフィーダです。
自動エサやり機って書くと、なんか格好悪いですけどね(^^;
写真ではフィーダーと書いてますが、それは字面がその方が可愛い気がするからです。
どっちでも意味は通じるのですが、個人的にはフィーダ、と書きます。

どうでもいい屁理屈はさておき、私が買ったのはコチラです。
ルスモ LUSMO ペットフィーダ ペットフード 犬用 猫用 自動給餌器
今見たら、私が買ったときより値段が下がっていて、ちょっとショックです(^^;

このペットフィーダ、5g単位で量が調整出来ると書いてありますが、それは嵩張るドッグフードやキャットフードの場合だと思います。
実際はグラムではなく容量(体積?)で1回の量が決まります。
ふわ君が食べている、バニーベーシックスTだと1回の量は約10gでした。
買ってから試したのですが、5gずつ調整できないことを知って「しまった!!」と思ったので書いておきます。

その他は、メーカーのHPとかに色々書いてあるのであえて書きません、が…。
が、届いてみて「意外と大きい」ことにびっくりしました(^^;
あと、単1電池を4つも使うので、アダプタでコンセントから給電して使えればいいのに。。。と思いました。

20120314:オートフィーダ

ケージの中から撮っています。
見た目が悪いですが、ちゃんと機能しています。
後付工作の材料は、100均で売っている薄っぺらいカッティングボードです。
それを切って、縁を曲げて、ガムテープで貼り付けてあります。
相変わらずの超簡単1分工作です。



出てくるところは、こんな感じです。
良い感じにエサ入れに入ってるように見えますが、時々跳ねたりして外へ飛び出てしまいます(^^;
この丁度良い高さと丁度良い位置が最初わからず、何回か台を取り替えたり、えさ入れの位置を変えたり、簡単工作で作った部分を作り直したりしました。

20120314:出てくるところ

あ。

20120314:音を聞きつけてやってきた

ブログに載せるための写真を撮るため、手動給餌ボタンを押したのですが、音を聞きつけてやってきました。
けど、さっき食べたばかりなので、ダメです。
申し訳ないけどご退場いただいて、出した餌も元にもどしました。

ごめんね。



ちなみに、あれこれ取り替えて試した結果、台にちょうどよかったのは…。

20120314:オートフィーダの台

オートフィーダの箱でした( ̄~ ̄;
押し入れにしまったのを出して試してみたら、丁度ピッタリ!
……見た目が悪いけど……まぁいいのです。

ちなみにふわ君が使ってるケージは、SANKO イージーホーム ラビット80-BKです。
高さの参考のために書いておきます。
大きくなるふわ君のために大きなものを買いましたが…。
現在ふわ君は1.6kgに満たない小柄なミニレッキスで、60でも良かったんじゃ、とちょっと思ったりも。。。



ご飯を諦めきれない子がいます。

20120314:さっき食べたばっかりでしょ!

ふわ君を撮らないからとフラッシュをたいてるのに、気にせずフレームインしてきます。
さっき食べたばっかりなのに、まったくもう。
こうやって振動をあたえると、時々ぽろっと出てくることがあるのを、覚えてるんでしょうね…。



とまぁ、こんな感じです。
まりさん、Peachさん、参考になれば幸いです~。
スポンサーサイト
★いつも拍手ありがとうございます
とっても励みになってます★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。